子宮頸癌の原因とは?

子宮頸癌の主たる原因は、性的接触によって感染するヒトパピローマウイルス(HPV)です。

HPVは広く蔓延しているウイルスでして、日本では年間約1万人もの方が子宮頸癌にかかり、約3000人もの方が亡くなられています。

ワクチンで効果のあるタイプについて

子宮頸癌ワクチンは、子宮頸癌の原因と考えられているHPVのタイプのうち、ハイリスク型とよばれるHPV16型及びHPV18型の感染を防ぐことで子宮頸癌にかかる危険を大きく減らします。
(HPV16型と18型で子宮頸癌の50-70%を占めます)。

ただし、全ての子宮頸癌の発症を防ぐことは出来ません。

ワクチンの副反応について

接種後、しびれ、痛み、手足の動かしにくさなどの副反応の報告もございます。
これらの状況をご説明した上で、接種を希望される患者様にワクチンを接種させていただきます。

年齢と料金について

接種対象者は10歳から45歳までの女性ですが、小学6年生から高校1年生までの方は定期接種対象者として無料となります。

なお、おそれいりますが、15歳未満の方につきましては小児科での接種をお願いいたしております。
ご理解のほど、どうぞよろしくお願いいたします。

接種予定ワクチン … サーバリックス、ガーダシル

どちらも3回接種する必要があります。
なお、料金はどちらの薬剤とも各回15,000円で、計45,000円となります。