特徴

・ヒトパピローマウイルス(HPV)6/11/16/18/31/33/45/52/58型を含む、9価ヒトパピローマウイルスワクチンです。

・ガーダシル(4価ヒトパピローマウイルスワクチン)に含まれるHPV6/11/16/18型に加え、HPV31/33/45/52/58型のウイルス様粒子(VLP)を含みます。

・アジア人に特に多く感染が見られる上記HPV52/58型VLPを含み、子宮頸癌の原因となるHPV型の約90%をカバーすると考えられています。(ガーダシルは50-70%のカバー率)。

接種方法

・9歳以上の女性が対象となっておりますが、当院では16歳(高校生)以上の女性を対象とさせていただいております。

・接種間隔:合計3回(2回目は初回の2か月後、3回目は同6か月後)

・費用:1回 33,000円(税込)

電話予約が必要です

接種を希望される方は、お電話での事前予約が必要となります。

事前に「ワクチンQダイアリー」への登録が必要となります(院内でご対応いただきます)

これは、既存のHPVワクチン接種後に、広範囲にわたる痛み、手足の動かしにくさ、不随意運動などを中心とする「多様な症状」が認められましたが、この「多様な症状」はHPVワクチンを接種しない場合でも認められます。

この度、シルガード9と「多様な症状」との関連性を把握するため全例登録が義務付けられました。
ご理解ご協力のほど何卒よろしくお願い申し上げます。

接種にあたっての注意

子宮頸癌ワクチンの接種にあたり、未成年の方は必ず保護者の方と同伴してご来院ください。

やむを得ず保護者の方にご来院いただけない場合は、保護者の方の署名が入った予診票と同意書が必要となります。
これらがないと接種が出来ませんのでご注意ください。

ワクチンQダイアリーについて

シルガード9の登録支援システムである「ワクチンQダイアリー」についての詳細な説明をご覧いただけます。ワクチン接種にご興味のある方はぜひご一読くださいませ。